サーブとGM、北米でのアフターサービス継続で合意

自動車 ビジネス 企業動向

サーブ9-3(参考画像)
  • サーブ9-3(参考画像)
2011年12月、破産を申請したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。同社の最量販市場、北米では空白の一年を経て、保証の継続やパーツ供給体制が確立されることになった。

これは12月21日、サーブのかつての親会社のGMと、北米サーブオートモビルパーツ社が合意したもの。両社が過去に米国で販売したサーブ車の保証やメンテナンス、パーツ供給に関して、今後も責任を持つことがアナウンスされている。

今回の合意は、12月17日付けで発効。北米サーブオートモビルパーツ社の全米179の拠点において、サーブ車のオーナーは、メーカー保証規定に基づいたメンテナンスなどのサービスが受けられる。

なお今回の合意は、サーブ社の経営破綻に伴って、保証などの適用が宙に浮いた状態となっていたサーブの2009年モデルが対象。GMの傘下を離れて以降の2010年と2011年モデルに関しては、北米サーブオートモビルパーツ社が2013年初頭、独自の救済プログラムを発表する予定だ。

北米サーブオートモビルパーツ社のティム・コルベック社長兼CEOは、「今回のGMとの合意は、北米のサーブオーナーをサポートするための重要なステップ。サーブ車のオーナーは、純正部品を購入したり、サービスプログラムや技術的なサポートを受けたりすることが可能になる」と述べている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集