宇宙船自動着陸の危険回避技術をヘリコプターに搭載[動画]

宇宙 テクノロジー

ALHAT(NASA's Autonomous Landing Hazard Avoidance Technology)
  • ALHAT(NASA's Autonomous Landing Hazard Avoidance Technology)
  • ALHATALHAT(NASA's Autonomous Landing Hazard Avoidance Technology)
  • ALHAT(NASA's Autonomous Landing Hazard Avoidance Technology)
  • NASA webサイト
NASAは、ALHAT(自動着陸危険回避テクノロジー)を多用途ヘリ『UH-1H』(通称「ヒューイ」)ヘリコプターに搭載し、テストを行う様子を撮影したビデオを公表した。

このビデオでは、ヘリコプターの胴体下部にALHATのフラッシュ・レーザーレーダー・センサーの装置が装備される過程と、装置を搭載したヘリの外観、テスト飛行でのヒューイ・ヘリコプターの安定した離陸と飛行、ホバリングなどの様子が収録されている。

このテクノロジーは宇宙船が荒く危険を伴う惑星の表面に宇宙船を安全に着陸させるためのもので、惑星表面を追従するセンサーからのデータと宇宙船の高度と速さを測定して、自動的に安全な着陸に最適な場所を選び出す。

これらの全ての過程は、宇宙船に搭載されたナビゲーションとコントロールのソフトウェアのオートメーション化された指示によって、完全自動で行われる。


《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集