空の通信サービスでGogoとSESが連携

航空 テクノロジー

gogo webサイト
  • gogo webサイト
  • gogo webサイト
飛行中の通信サービスを提供しているGogoと世界規模の人工衛星オペレーター、SESが民間飛行機用ブロードバンドサービスのサポート関係構築に向け契約にサインをした。

受信可能範囲は北大西洋地域、ヨーロッパ、アメリカ合衆国の上空。

3機の衛星が大西洋横断ルートを飛行する航空機がいる空のネットワークをサポートする。SES-1は米国本土をカバーし、NSS-703と3つのスポットビームは大西洋両端に届き、SES-4はヨーロッパを担当する。NSS-703を利用したGogoのサービスは2014年中頃までに来年発射予定の新しいSES-6人工衛星に継ぎ目なく移行される。

Gogoはまた米国とヨーロッパにある3つのSES施設を通して提供される地上通信サービスとも契約し、送受信可能なインターネットアクセスがメリーランド州のウッドバイン、バージニア州のマナサス、ルクセンブルグのベッツドルフにあるSESの地上施設を経由してGogoの顧客に届けられる。

Gogoは2013年の第一四半期にデルタ航空において国際インターネットサービスを始める予定。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース