LCCとの競争激化か…スカイマークの年末年始予約率9.6ポイントダウン

航空 企業動向

A380スカイマーク塗装(イメージ)
  • A380スカイマーク塗装(イメージ)
  • スカイマーク(Webサイト)
スカイマークは、年末年始期間中(12月21日~2013年1月6日)の予約状況を発表した。

全路線合計の提供座席数は前年同期比14.2%増の45万1350席に対して、予約数は同1.2%減の27万0097席と前年を割り込んでいる。LCC(格安航空会社)の登場で、予約は低調に推移している模様。予約率は前年同期より9.6ポイントダウンして59.8%。

下り便はピークが12月29日で予約率は94.7%となっている。上り便のピークは1月3日で予約率は90.1%。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集