フットボールの影響で2013年USGPは日程変更?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

レッドブル セバスチャン・ベッテル(2012年USGP)
  • レッドブル セバスチャン・ベッテル(2012年USGP)
  • レッドブル セバスチャン・ベッテル(2012年USGP)とマーク・ウェーバー
  • レッドブル セバスチャン・ベッテル(2012年USGP)
  • レッドブル セバスチャン・ベッテル(2012年USGP)
  • レッドブル(2012年USGP)
  • 小林可夢偉(ザウバー、USGP、2012年)
WMSC(世界モータースポーツ評議会)を経て発表された2013年F1暫定カレンダーに、再び変更が生じるかもしれない。

現状の暫定カレンダーには、テキサス州オースティンで開催されるUSGPは11月17日と記載されている。ところが前日に、地元テキサス大学とオクラホマ大学のフットボール試合がすでに予定されているため、テキサスの主催者側は日程変更を要望している。

フットボール試合の観戦者数は10万人超と予想されており、フットボール側もF1側も好ましくない状況であることを認めている。

ボビー・エプスタイン(サーキット・ジ・オブ・アメリカズ会長)の談話。

「サーキット・ジ・オブ・アメリカズとしては日程変更を強く働きかけているところです。世界を転戦するF1のカレンダー編成がさまざまなファクターを勘案しながら判断する大仕事であることと、本来ならわれわれが口出しすることではないことは理解しています。しかし、F1統括団体はすでにわれわれの窮状を理解してくれたはずです。最終的には、今年と同じ日程になるのではないでしょうか」
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集