タイ石油大手PTT、カンボジアで調査へ

エマージング・マーケット 東南アジア

タイ石油大手PTT、カンボジアで調査へ
  • タイ石油大手PTT、カンボジアで調査へ
  • タイ石油大手PTT、カンボジアで調査へ
タイの石油・天然ガス大手のPTTは、石油化学製品と石油精製施設を建設するためのファージビリティ調査を、カンボジアとインドネシア、及びミャンマーで実施すると発表した。

カンボジア国家石油機構(CNPA)は「実現すれば地場産業に利益をもたらすだろう」と述べている。

カンボジアでは昨年、中国の "China National Automation Control System Corporation" 及び "China-Sino" と共同で、カンポットに国内初の製油所を建設する計画の合意をしている。

また、アメリカのシェブロン社にもシハヌークビル沖合の石油開発のライセンスを与えている。が、計画は2016年に延期となっている。この計画では、政府は製油所の総収入の70~80%、年5億ドルを得られる見込みだ。

製油所が新たに建設されれば価格競争により、消費者もメリットを享受することが期待されている。
《クロマーマガジン編集部》

編集部おすすめのニュース