GSユアサ、国際宇宙ステーション用リチウムイオン電池を受注

自動車 ビジネス 企業動向
国際宇宙ステーション(提供:NASA)
  • 国際宇宙ステーション(提供:NASA)
  • 受注したリチウムイオン電池「LSE134」
GSユアサは30日、同社の100%出資会社であるGSユアサリチウムパワー社が、米国プラットアンドホイットニーロケットダイン社(PWR社)から国際宇宙ステーション用のリチウムイオン電池を受注したと発表した。

現在、国際宇宙ステーションの電源としてニッケル水素電池が使用されているが、PWR社は同社のリチウムイオン電池を採用。今回の採用は、これまで数年間にわたりNASA(アメリカ航空宇宙局)やPWR社により、同社の技術力や製造能力、電池の性能や品質に関する評価が実施された結果だとしている。

今回採用されたリチウムイオン電池は、国際宇宙ステーションの電源用として新規開発した製品で、現在使用されているニッケル水素電池と比べ質量・体積ともに約3倍の高エネルギー密度を実現。また、このリチウムイオン電池は10年を超える国際宇宙ステーションでの使用が期待されている。
《村尾純司@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース