【マツダ アテンザ 新型発売】予約受注は4300台…77%超がディーゼルモデル

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
マツダは11月20日、新型『アテンザ』を発表した。同社広報部は、現時点での予約受注台数は約4300台、その内77.3%がディーゼルエンジン搭載グレードの「SKYACTIV-D 2.2」であるとした。

また、4300台の受注の内、ガソリンエンジン搭載グレードである「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.0」はそれぞれ11.0%と11.7%という結果になった。

そのほか、ボディタイプ別受注割合については、セダンが54.8%、ワゴンが45.2%であるとした。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース