日本マイクロソフト、「Microsoft Windows Server 2012」提供開始

自動車 ニューモデル 新型車

Windows Server 2012 ボリュームライセンス参考価格(税抜)
  • Windows Server 2012 ボリュームライセンス参考価格(税抜)
  • 各エディションの概要
  • Windows Server 2012紹介サイト
 日本マイクロソフトは5日、パートナー企業各社とともに、サーバ オペレーティング システムの新製品「Microsoft Windows Server 2012」の提供を開始した。9月よりボリュームライセンスの販売を開始し、9月26日よりパッケージ製品の販売を開始する。

 Windows Server 2012は、企業内の小規模なサーバから大規模なクラウド環境まで、さまざまなニーズに対応するため、前バージョンのWindows Server 2008 R2に比べ、180以上の新機能の実装と機能強化が行われているという。

 新しいHyper-Vは、最大320基の論理プロセッサ、4TBの物理メモリ、仮想マシンごとに最大1TBのメモリ、64基の仮想プロセッサがサポートされた。クラスター環境では、最大4,000台の仮想マシンを実行可能となっている。さらに、大容量対応の新しい仮想ハードディスク「VHDX」 、強化された「動的メモリ」および新しい仮想ネットワーク スイッチ「Hyper-V拡張スイッチ」などにより、要求が厳しいクラウド環境にも対応した。

 また新ファイル システム「ReFS」(Resilient File System) を採用。ディスクの更新中の電源障害などによる問題を回避し、データの信頼性を向上させた。さらにWindows Azure仮想ネットワークと組み合わせ、Windows Azureと社内システムが同じネットワーク上にあるかのように利用できる。Windows 8のマルチタッチ機能に対応したスレートデバイスにも対応している。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集