コスプレの祭典、世界コスプレサミットが名古屋で開催[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

こちらは一般のコスプレイヤー。レベルの高いプリキュアスマイル
  • こちらは一般のコスプレイヤー。レベルの高いプリキュアスマイル
  • レッドカーペットのゼルダの伝説はドイツ代表
  • 各国代表はサービス満点にポージングを決めてくれる
  • どんなに暑くても笑顔。レッドカーペットの上を悠々と歩く姿がサマになっている
  • プラカードを持つのは地元のボランティアコスプレイヤー
  • とにかくものすごい観客で、しかもみんなカメラを持っている
  • なぜかスターバックスをみんなで飲むまどか☆マギカご一行
  • こちらもまどか☆マギカ。完成度が高い
 一週間にわたって開催された世界コスプレサミット2012。そのメインイベントとなるチャンピオンシップが名古屋栄のオアシス21で開催された。世界中の予選を勝ち抜いて名古屋に集結したコスプレイヤーの頂点に立ったのは日本代表だ。

 マンガやアニメ、ゲームなどの日本のポップカルチャーが世界で人気となっているが、その中で見るだけでなく参加できるジャンルとして人気があるのがコスプレだ。世界中でコスプレのイベントやコンテストが開催されているが、その最も大規模なイベントが、名古屋で開催される「世界コスプレサミット2012」。今年で10週年を迎え、コスプレイヤーだけでなく多くの人が注目するイベントに成長した。

 4日は夜に開催されるチャンピオンシップと、それに向けての様々なイベントが行われた。中でも注目されたのが錦通りレッドカーペットだ。名古屋の中心を走る錦通りを封鎖し、200メートルに渡って赤い絨毯を敷設。その上でポージングする各国代表のコスプレイヤーを多くの観客がカメラに収めた。このとき会場に流れたアナウンスによると、イギリス代表のコスプレイヤーはプロデザイナーで、ロンドン五輪の開会式の衣装をデザイン。その一生一度の晴れ舞台である五輪開会式を、コスプレサミットのために欠席して日本に来たという。

 続いて行われたチャンピオンシップ。世界中の予選を勝ち抜いてきた各国代表からコスプレレイヤー世界一を決めるコスプレサミットのメインイベントだ。開催は17時30分からだが、会場のオアシス21には昼過ぎから続々と一般のコスプレイヤーが集結し始めた。チャンピオンシップが始まる頃には会場は無数のコスプレイヤーで埋め尽くされ、チャンピオンシップはステージ上もコスプレイヤー、観客もコスプレイヤーという状況。

 チャンピオンシップは一組が2分30秒の演舞、つまりパフォーマンスを行い、それを審査した点数で争われる。予選を勝ち抜いてきた各国代表のパフォーマンスは迫力があり、とくにインドネシアの機動警察パトレイバーやシンガポールの創聖のアクエリオン、韓国のケロロ軍曹のパフォーマンスでは大きな歓声が上がった。また、スペシャルゲストとして来名したアニソンシンガーのmay'nのライブもあり、盛り上がりは最高潮に。

 世界一のコスプレイヤーの栄冠は、薄桜鬼のキャラに扮してプロ顔負けの高度な殺陣を披露した日本代表に輝いた。日本の優勝は3年ぶり2回目だ。昨年優勝のブラジルは鉄拳6のパフォーマンスを熱演したが及ばなかった。

世界一の栄冠は日本の手に! 世界コスプレサミット「錦通りレッドカーペット&チャンピオンシップ」

《山田 正昭@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集