STマイクロ、3次元で衝撃を検知する低消費電力加速度センサを発表

自動車 ビジネス 企業動向
STマイクロエレクトロニクス 加速度センサ H3LIS331DL
  • STマイクロエレクトロニクス 加速度センサ H3LIS331DL
STマイクロエレクトロニクスは10日、3軸すべてにおいて高い加速度検出性能を確保した超低消費電流のMEMSセンサを発表した。

STの加速度センサ『H3LIS331DL』は、自動車用ドライブレコーダから医療用モニタ装置およびスポーツ用品まで、スペースや消費電力に制限があるアプリケーションで、最大400gまでの衝撃を正確に検知することができる。

携帯型医療機器や、アイスホッケー、アメフト、自動車レースなど、衝撃の大きなスポーツにおける衝撃モニタとしての活用が見込まれる。また、ドライブレコーダや貨物監視システムの衝突監視能力を大幅に改善できるほか、家電製品の耐衝撃保護機能を強化することもできる。

量産は2012年第2四半期末までに開始予定。1000個購入時の単価は約5ドル(約400円)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 村田製作所、加速度センサのトップメーカーを買収 画像 村田製作所、加速度センサのトップメーカーを買収
  • 加速度センサ市場、2015年に11.8億個…矢野経済 画像 加速度センサ市場、2015年に11.8億個…矢野経済
  • STマイクロ、エアバッグ向け高G加速度センサファミリを開発 画像 STマイクロ、エアバッグ向け高G加速度センサファミリを開発
  • STマイクロ、3軸加速度センサを開発 車載アプリ対象 画像 STマイクロ、3軸加速度センサを開発 車載アプリ対象
  • TRW、複数方向からの衝撃を同時に検出するセンサーを開発 画像 TRW、複数方向からの衝撃を同時に検出するセンサーを開発

特集