【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • GT500クラスは、DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一/石浦宏明選手組が優勝
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • GT300クラスは、GSR 初音ミク BMWの谷口信輝/片岡龍也選手組が優勝
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
  • 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイに8万3000人が来場
5月3日~4日開催のSUPER GT 第2戦、富士スピードウェイには、予選日と決勝日をあわせ延べ8万3000人(予選日:2万6000人、決勝日:5万7000人)の来場者があった。

決勝レースは、2008年以来4年ぶりにレース距離が500km(110周)に戻って開催。GT500クラスでは、DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一/石浦宏明選手組が優勝。

これにより、GT500のドライバーランキングは、トップがホンダの伊沢/山本組、2位がレクサスの立川/平手組、3位がレクサスの脇坂/石浦組となった。

GT300クラスでは、GSR 初音ミク BMWの谷口信輝/片岡龍也選手組が優勝。予選の結果では、FIA GTマシンが優勢かと思われたが、決勝レースではJAF GTマシンのエヴァ、ガライヤ、プリウスが上位に食い込むなど、健闘を見せた。

GT300のドライバーランキングは、トップが初音ミクの谷口/片岡組、2位がアウディR8の田中/平中組、3位がエヴァの高橋/加藤組。

最大9連休となったゴールデンウィーク中に開催された同大会、予選日はあいにくの天候となったが開催日の2日間には、ドライバーと記念撮影や、スタンプラリー、ナイトシアター等々、会場ではレースの他にも様々なイベントが実施され、来場者はゴールデンウィークの思い出作りを楽しんだ。
《》

編集部おすすめのニュース

  • 【SUPER GT 第2戦】大荒れの富士スピードウェイ、制したのはDENSO KOBELCO SC430 画像 【SUPER GT 第2戦】大荒れの富士スピードウェイ、制したのはDENSO KOBELCO SC430
  • 【SUPER GT 第2戦】プリウスは大健闘の6位入賞 画像 【SUPER GT 第2戦】プリウスは大健闘の6位入賞
  • 【SUPER GT 第2戦】予選…EPSON HSV-010道上/中山組がポール 画像 【SUPER GT 第2戦】予選…EPSON HSV-010道上/中山組がポール
  • SUPER GT、レスキュー車両に カイエンS ハイブリッド を導入 画像 SUPER GT、レスキュー車両に カイエンS ハイブリッド を導入

特集