コスモ石油、第1常圧蒸留装置が稼働再開、2基体制が復旧

自動車 ビジネス 企業動向
コスモ石油は、千葉製油所にある第1常圧蒸留装置の稼働を再開したことを発表した。

千葉製油所は、東日本大震災で爆発・火災が発生、稼働を停止していた。処理能力日産10万バレルの第1常圧蒸留装置は、4月20日に千葉県による検査が完了し、稼働再開に向け準備を進めてきた。

今回、同製油所は、第1常圧蒸留装置と、3月30日から稼働を再開している第2常圧蒸留装置の2基体制が復旧した。

同社では今後、安全を最優先に石油製品の安定供給する体制を構築するとともに、新たな液化石油ガスタンクの建設を進めながら完全復旧に向けて取り組むとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 石油元売り各社、ガソリン需要低迷を見越して減産を継続へ 画像 石油元売り各社、ガソリン需要低迷を見越して減産を継続へ
  • コスモ石油、千葉製油所が稼働再開に向けて準備開始 画像 コスモ石油、千葉製油所が稼働再開に向けて準備開始
  • JX、震災被害の仙台製油所を再開 画像 JX、震災被害の仙台製油所を再開
  • トヨタのインド販売、ミニバン イノーバ 効果で増加…4月実績 画像 トヨタのインド販売、ミニバン イノーバ 効果で増加…4月実績
  • バリチェロ「マッサはF1で長いキャリアを築くだろう」  画像 バリチェロ「マッサはF1で長いキャリアを築くだろう」 

特集