【ジュネーブモーターショー12】ケーニグセグ アゲーラR に2013年型…最大出力は1140psへ

自動車 ニューモデル モーターショー
ケーニグセグ アゲーラの2013年モデル
  • ケーニグセグ アゲーラの2013年モデル
  • ケーニグセグ アゲーラの2013年モデル
  • ケーニグセグ アゲーラの2013年モデル
スウェーデンのケーニグセグ(Koenigsegg)社は6日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー12において、スーパーカー、『アゲーラ』(AGERA)シリーズの2013年モデルを初公開する。

アゲーラは2010年3月、ジュネーブモーターショー10でデビュー。ミッドシップに置かれる4.7リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力940ps、最大トルク112kgmを発生する。

高性能版の『アゲーラR』は、最大出力1115ps、最大トルクは122.4kgm。乾燥重量1330kgの軽量ボディと、7速デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、0-100km/h加速2.9秒という世界屈指のパフォーマンスを実現する。

ジュネーブモーターショー12では、アゲーラシリーズの2013年モデルを初公開。エンジンは、マネージメントの変更やフリクション低減により、最大出力が940psから960psへ向上。アゲーラRでは、1115psから1140psへ引き上げられる。エンジンの許容回転数も、7250rpmから7500rpmへ高められた。

アゲーラRには、オーリンズと共同開発したサスペンションを新採用。カーボンファイバー素材を使ったホイールも新アイテムで、20kgの軽量化を達成する。エグゾーストシステムにも改良を施す。

エアロダイナミクス性能も向上。同社によると、250km/hでの走行時に、20kgダウンフォースを増すことに成功しているという。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース