【ソウルモーターショー11】ルノーサムスン SM7 詳細画像…注目のサイドビュー

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
  • ルノーサムスン SM7コンセプト
ルノーサムスンは、高級大型セダン『SM7』のコンセプトモデルを発表した。2011年後半に新型SM7として発表されるという。好調が続く韓国の高級セダン市場に真っ向勝負を挑む。

ボディサイズは、全長5000mm×全幅1930mm×全高1500mm。搭載されるパワートレーンや内装は未公開。ヘッドランプやウィンカーはショー用にドレスアップされているものの、外観のデザインはほぼこのまま市販するのではという程の完成度だ。

フロントマスクの大型シングルフレームグリルが特徴。さらに同社は、「競合他車との明らかな違いはサイドビューにある」とそのデザインに太鼓判を押す。ウィンドウ面積を車高の3分の1に押さえ、ロングホイールベース、ショートトランクの効果もあってクーペライクなエレガントなスタイルを実現した。各部にちりばめられたクロームのアクセントが高級感を醸し出す。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集