軽自動車販売、震災の影響で31%マイナス…3月

自動車 ビジネス 国内マーケット
eKワゴン
  • eKワゴン
全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽自動車販売台数は、前年同月比31.6%減の15万8210台となり、大幅に落ち込んだ。これで6か月連続のマイナスとなる。

東日本大震災の影響で、国内の自動車生産台数がほぼストップしており、需要も低迷した。

車種別では乗用車が同32.5%減の11万9791台と大幅マイナス。貨物車は同28.4%減の3万8419台だった。貨物車のうち、ボンネットバンは同12.4%減の4543台、キャブオーバーバンが同20.9%減の1万5024台、トラックが同36.1%減の1万8852台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 3月の新車総販売台数は35%の大幅減に 画像 3月の新車総販売台数は35%の大幅減に
  • 日産と三菱、軽自動車開発の合弁会社でトップ人事を内定 画像 日産と三菱、軽自動車開発の合弁会社でトップ人事を内定
  • 軽自動車検査協会、顧客情報807件が盗難される 画像 軽自動車検査協会、顧客情報807件が盗難される
  • 軽自動車販売ランキング、ムーヴ が2か月連続トップ…2月車名別 画像 軽自動車販売ランキング、ムーヴ が2か月連続トップ…2月車名別

特集