GM、中国へ攻勢…2年間で20以上の新型車投入へ

自動車 ビジネス 海外マーケット

アカーソンCEOが15日、中国へ20以上の新型車を投入すると発表した
  • アカーソンCEOが15日、中国へ20以上の新型車を投入すると発表した
  • シボレー スパーク
  • シボレー アベオ
  • シボレー セイル
  • シボレー ボルト
  • キャデラック SLS
2年連続で、世界最大の新車市場となった中国。その中国市場で、GMが攻めの姿勢を鮮明にした。

GMのダン・アカーソンCEOは15日、北京で記者会見を実施。その中で、「今後2年間に、中国へ20以上の新型車を投入する」と宣言したのだ。

この新型車には、改良モデルも含まれるが、2年間で20車種以上とは異例の力の入れよう。さらにアカーソンCEOは、「中国市場での成長を維持するために、今後も中国で積極的な投資を続ける」と、中国での攻めの姿勢をアピールした。

GMは2010年、中国において海外メーカーとして初の200万台超えとなる235万1610台を販売。前年比は28.8%増と大幅な伸びを達成した。今年はこれを上回る新記録に挑む。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集