Androidスマートフォンの非接触IC決済 ソフトバンクなど実証実験

自動車 テクノロジー ネット

実証実験の概要 実証実験の概要
  • 実証実験の概要 実証実験の概要
  • 各社の役割 各社の役割
 ソフトバンクモバイル、オリエントコーポレーション、クレディセゾン、ジェムアルト、共同印刷、マスターカード・ワールドワイド、HTC Corporation、Trusted Logic S.A.の8社は8日、Android 2.2搭載スマートフォンによる非接触IC決済サービスの実証実験を2011年1月中旬から開始すると発表した。

 モバイルNFCサービスの利便性の検証を行うもので、クレジットカードアプリケーションとクレジットカード情報を、携帯電話端末にあるNFC対応USIMカード上のICチップ内に無線ネットワーク経由でダウンロード、モバイルによる非接触IC決済を行う。クレジットカード会社2社が、国際標準規格に対応するMasterCard PayPassをクレジットカード・アプリケーションとして提供し、実際のMasterCard PayPass加盟店にて決済を行う。

 端末はソフトバンクモバイルのAndroid 2.2搭載スマートフォン「HTC Desire SoftBank X06HTII」。同端末にNFC関連APIを実装し、実験用携帯電話端末として使用する。NFC対応USIMカードにダウンロードした複数のクレジットカードの情報や履歴の操作などを簡単に行えるAndroid向けアプリケーションがスマートフォン上で展開される。

ソフトバンクモバイルなど8社、Android 2.2搭載スマートフォンのNFC実証実験

《RBB TODAY@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集