新日鉄の鋼板、シボレー ボルト の燃料タンクに採用

自動車 ビジネス 企業動向

シボレー ボルトに採用されたエココート−S製の燃料タンク
  • シボレー ボルトに採用されたエココート−S製の燃料タンク
  • ボルト
  • ボルト
  • ボルト
新日本製鐵は、独自開発の『エココート-S』がGMの電気自動車シボレー『ボルト』の燃料タンク素材に採用されたと発表した。

エココート-Sは、鋼板上に錫と亜鉛をめっきした自動車燃料タンク用鋼板で、鉛などの環境負荷物質を含まないのが特長。カナダのタンク製造メーカーであるスペクトラ・プレムアム・インダストリーズから受注した。

新日鉄ではエココート-Sがボルトに採用されたのは、環境対応車に最適な耐食性・加工性・環境性能向上が評価されたためとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集