KDDIとコロプラが業務提携…位置情報ゲーム

自動車 ビジネス 国内マーケット

au oneコロプラ +」ポータルサイト(左:携帯電話向け、右:Android携帯向け) au oneコロプラ +」ポータルサイト(左:携帯電話向け、右:Android携帯向け)
  • au oneコロプラ +」ポータルサイト(左:携帯電話向け、右:Android携帯向け) au oneコロプラ +」ポータルサイト(左:携帯電話向け、右:Android携帯向け)
  • 提供されるゲームの数々(左から「キャリー・ストーリー」「コロパズ」「コロニーな生活☆PLUS」) 提供されるゲームの数々(左から「キャリー・ストーリー」「コロパズ」「コロニーな生活☆PLUS」)
  • 「コロプラ+」サービスロゴ 「コロプラ+」サービスロゴ
  • LAP(Location-based Application Provider) 予定企業 一覧 LAP(Location-based Application Provider) 予定企業 一覧
 KDDIとコロプラは10日、業務提携を発表した。au携帯電話やAndroid搭載スマートフォンのGPS機能等を利用し、位置情報とゲームを連携させたプラットフォームを両社で提供、共同運営する。

 位置情報を活用したゲーム(位置ゲー)専用のプラットフォームの名称は「au oneコロプラ+」(au oneコロプラプラス)。11月11日よりゲームを開発するコンテンツプロバイダ向けに提供を開始する。コロプラの特許申請済みの技術をAPIやSDKとして提供するもので、コロプラが開発した位置情報連動型のTwitterクライアント「コロツイ」や、移動ログを一括して管理するライフログ機能等、「位置ゲー」特化型プラットフォームならではの多様な機能をプラットフォームの基本機能として提供する。

 位置情報連動アプリケーション等提供企業(Location-based pplication Provider、LAP)各社は、簡単かつ短期間に位置情報連動のゲームやサービスを開発することができ、ユーザーは、位置情報の複数アプリへの同時送信機能(本人の同意による)や移動ログの一括管理ができるライフログ的機能など、様々な機能を活用することができる。

 一般ユーザ向けには、プラットフォームを活用したゲームを、au携帯電話向けに11月11日より、auのAndroid搭載スマートフォン向けに11月下旬より、提供開始する。あわせて専用ポータルを開設、ユーザはより手軽に「コロニーな生活☆PLUS」や「キャリー・ストーリー」など、位置ゲーを利用可能となる。また送信先となるアプリケーションを任意で選ぶことにより、一度にまとめて複数の位置情報を登録することが可能となる。アイテム購入などに使うコインも共通で利用できる。登録料、月額利用料は無料で、WINシリーズFlash Lite2.0以上のバージョンに対応したau携帯、IS01、IS03に対応する。

 KDDIとコロプラは、今後も連携を深めて、位置情報と連動した広告の展開など、ゲームに限らず、位置情報に連動するビジネスを両社で検討していく予定。

KDDI、位置情報ゲームの「コロプラ」と業務提携……ポータルサイト開設、複数ゲームを無料提供

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集