[写真蔵]東京ゲームショウ2010…コーエーテクモゲームス

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
  • コーエーテクモゲームス
「東京ゲームショウ2010」は、『GAMEは、新章へ。』をテーマに、コンピュータエンターテインメント協会の主催、日経BP社の共催のもと、9月16~19日、幕張メッセ(千葉市)にて開催された。

コーエーテクモ(光栄)は、『TRINITY Zill O'll Zero』(11月25日発売予定)、『TROY無双』(日本初のプレイアブル出展)、『QUANTUM THEORY』など、人気シリーズから期待の新作まで、話題のタイトルをブースに揃えた。

東京ゲームショウ出展社は、国内103、海外91の企業・団体。日本をはじめ、アメリカ、アイルランド、イギリス、オランダ、カナダ、韓国、シンガポール、台湾、中国、ドイツ、ブラジル、フランス、ブルガリアの14の国と地域からの出展があった。出展総小間数は、1458小間。出展社数は昨年よりも14社、総小間数は91 小間増えている。
《池田忍》

編集部おすすめのニュース

特集