FCC中間期業績見通し…クラッチの販売予想以上

自動車 ビジネス 企業動向
FCCは、2010年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

エコカー補助金制度の効果で国内新車市場は好調に推移し、同社も四輪車用クラッチ販売が計画を上回ったため、売上高を550億円から588億円に上方修正した。

収益も売上げ増の効果で営業利益を50億円から69億円に上方修正した。経常利益は52億円を予想していたが68億円に、当期純利益は35億円を予想していたが45億円にそれぞれ想定を上回った。

通期業績見通しの修正は中間決算公表時に発表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • [マツダSKYACTIV]ATとMT、燃費向上に貢献 画像 [マツダSKYACTIV]ATとMT、燃費向上に貢献
  • アルファロメオのツインクラッチ“TCT” 、なぜ乾式? なぜ6速? 画像 アルファロメオのツインクラッチ“TCT” 、なぜ乾式? なぜ6速?
  • クラリオン、中期業績見通しを上方修正…エコカー補助金効果など 画像 クラリオン、中期業績見通しを上方修正…エコカー補助金効果など
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース