フェラーリ 458イタリア の火災、断熱材組み立てに問題

自動車 社会 行政
458イタリア
  • 458イタリア
  • フェラーリ458イタリア
Ferrari Japanは9日、フェラーリ『458イタリア』のホイールハウスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年3月3日~9月3日に輸入された111台。

リヤホイールハウスに断熱材を固定する接着剤が不適切なため、原動機等の熱の影響で接着剤が発煙することがあり、接着剤から発火して火災に至るおそれがある。

全車両、リヤホイールハウスに使用した接着剤を除去して、新品の断熱材をリベットで固定する。

日本国内で不具合発生はなく、本国メーカーからの情報でわかった。日本国内で事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • フェラーリ 458イタリア、リコールへ…車両火災に対応 画像 フェラーリ 458イタリア、リコールへ…車両火災に対応
  • レクサス LFA のプラグインHVを開発中か 画像 レクサス LFA のプラグインHVを開発中か
  • BMW G650X Country など、後輪がロックするおそれ 画像 BMW G650X Country など、後輪がロックするおそれ
  • BMW F650GS など、チェーンが切れた 画像 BMW F650GS など、チェーンが切れた

特集