レギュラーガソリン133.6円、13週連続下落

自動車 ビジネス 国内マーケット
石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、8月23日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は133.6円となり、前の週と比べて0.1円下落した。

小幅な値下がりとなったがこれで13週連続の価格下落。ただ。円高ドル安が急激に進行しており、原油調達コストは下落する見通しで、値下げ圧力が強まり、今後も価格下落傾向は続きそうだ。

ハイオクガソリンは前の週よりも0.1円下落して144.4円、軽油も同じく0.1円ダウンして113.8円だった。

★e燃費(運営:イード)によると、8月25日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は126.23円、ハイオクは137.20円、軽油は106.01円となっている。

石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドシステムによってエコランのコツは異なる 画像 【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドシステムによってエコランのコツは異なる
  • 【実燃費チェック】スズキ スイフト、新型はどうなる? 画像 【実燃費チェック】スズキ スイフト、新型はどうなる?
  • 【新聞ウォッチ】「注意深く見守る」では円高、株安が止まらない 画像 【新聞ウォッチ】「注意深く見守る」では円高、株安が止まらない

特集