キザシ などスズキ車3台、2大陸7500マイルの冒険へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
キザシほか3台のスズキ車が、2大陸4か国を走破する
  • キザシほか3台のスズキ車が、2大陸4か国を走破する
  • エクエーター(資料画像)
  • Vストローム650(資料画像)
  • The Hard Wayの走行マップ。東京を出発しスズキ相良工場を訪問後、ロシア、カナダ、アメリカを走破する
8月8日、スズキ『キザシ』をはじめ3台のスズキ車が、日本〜ロシア〜カナダ〜アメリカの4か国/2大陸、約7500マイルを走破するアドベンチャーツアー「The Hard Way」がスタートする。

このアドベンチャーツアーは、モータートレンド誌がスズキのフラッグシップセダン「キザシ」、同誌の姉妹誌である『4Wheel&Off-Road』誌が4WDピックアップトラック『エクエーター』、そして「Motorcyclist」誌がデュアルスポーツバイク『Vストローム650』を駆って舗装路、不整地を含めた全行程を走破するもの。

東京を出発した一行3台は、キザシを生産しているスズキ相良工場に立ち寄った後、松江港から日本海をウラジオストックに渡りシベリアを走破。再び海路でアラスカ、アンカレッジに渡ったのち、カナダとアメリカ西海岸を走破し、約1か月後にゴール地点であるカリフォルニア州ブレア市のアメリカン・スズキ本社に到着する予定だ。

今回使用されるキザシはノーマルのAWD仕様をベースに、不整地走破の為にタイヤをエンデュランス仕様に履きかえ、足回り保護用のスキッドプレートや追加のスペアタイヤキャリアと工具キットを装着。ロシアの走行区間のみストロークを伸ばしたサスペンションに変更される。

エクエーターは日産『フロンティア』のOEM供給を受けたスズキブランドのピックアップトラックで、4リッターV6エンジンを搭載する4WD仕様。Vストローム650は650cc・Vツインエンジンを搭載するスポーツバイクで、今回のツアー仕様ではスキッドプレートが追加されるほか、ダート性能に優れたピレリ製のタイヤが装着される。

このアドベンチャーツアーの様子は、フェイス・ブック、ツイッター、ユーチューブに随時アップされる予定だ。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース