プジョー 207 にスポーティな“GT”…6MTと専用ターボエンジンを搭載

自動車 ニューモデル 新型車
207GT
  • 207GT
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーの最量販モデル『207』にスポーティな「GT」を追加設定し、7月1日から販売開始する。

207GTは、3ドアハッチバック、右ハンドル仕様で、6速マニュルトランスミッションを搭載する。エンジンは、欧州の排出ガス規制のユーロ5に適合した207GT専用の1.6リッターツインスクロールターボエンジンを搭載、最高出力は156ps、最大トルクが24.5kg-mを発揮する。

外観では、フロントエアインテークにシリーズの最上級モデル「シエロ」と同じ格子状アルミ調仕上げのグリルデザインを採用し、リアバンパーモールをボディ同色とする。サイドプロテクションモールにはクロームストリップを追加するほか、リアとリアクオーターガラスにスーパーティンテッドガラスを採用する。グレーとシルバーのカラーコントラストの17インチ・ツートーンアロイホイールを装備する。

また、インテリアは、シート素材にブラックハーフレザーを採用、アルミ製シフトノブ、アルミペダルとともに、スポーティなインテリアを演出する。

このほか、快適装備として、クルーズコントロール&スピードリミッター機能、リモコンキーによるドア施錠時、ウインドガラスを自動的に閉じる「オートクローズ機能」、ウインカーレバーを軽く1回押すだけでウィンカーランプが3回点滅する「ワンタッチ・ウィンカー機能」を装備する。

ボディカラーは、ビアンカ・ホワイト、アデン・レッド、オブシディアン・ブラック、シャーク・グレー、モンテベロ・ブルーの全5色を設定する。

価格は266万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集