【日産 ジューク 発表】シブハデなカラーコーディネーション

自動車 ニューモデル 新型車
ジューク
  • ジューク
  • ジューク。メテオライトブラウン
  • ジューク15RX
  • ジューク15RS
  • ジューク
  • ジューク
  • プロダクトチーフデザイナー渡辺誠二氏とメテオライトブラウンのジューク
  • プロダクトチーフデザイナー渡辺誠二氏
日産から発売された『ジューク』のエクステリアカラーは7色あり、そのうち2色が新しいものである。

グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナー、渡辺誠二さんは、「新色のメテオライトブラウンはちょっとプレミアムな感じ。これで内装を赤にするとシブハデでおしゃれな感じに乗ってもらえると思います」とコーディネーションを語る。

他のエクステリアカラーも含め、比較的押さえ気味であるが、その点については、「例えば黄色を入れるとクルマ全体の年齢層が下がってしまいます。造形デザインで相当暴れているので、色はこのくらいのバリエーションにしたのです」という。

インテリアは赤と黒がある。「その名称もタンクカラーバリエーションと言っています。シートも上級はメッシュっぽい感じで滑り止め風になっていて、ハニカムパターンが位置によって違っています。バイオテックに変化しているような生地を使っているのです」と、デザインコンセプトであるロバイオテックがここにも活かされていることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集