「シボレーをシェビーと呼ぶな」…GM社内文書が波紋呼ぶ

自動車 ビジネス 企業動向
エンブレム
  • エンブレム
9日、米国のメディアはGMが作った社内文書をリーク報道。その内容が、シボレーをシェビーと呼ばないように社員に求める内容だったことから、波紋を呼んでいる。

報道によると、この社内文書はGMの重役の名前で作られ、その内容は、米デトロイト本社に勤務するシボレー部門の社員に対して、「今後、シボレーブランドをシェビーではなく、正式なシボレーで呼ぶように」という通達。GMの新経営陣が、略称で呼ぶことを好ましく思っていないのが、その理由と報じられた。

シェビーというのは、古くから使われているシボレーブランドのニックネーム。米国はもちろん、世界中のシボレーファンが、親しみを込めて使う名前だ。しかし、GMは社内でこの名前を使うことを、禁止しようとしたのである。

この報道に対して、GMは10日、公式ウェブサイトに声明を出し、「世界中のシボレーファンが、親しみを込めてシェビーと呼んでくれるのをうれしく思います。我々も、シェビーというニックネームが好きです」と語った。

さらに、「現在、GMはさらなる成長を求め、グローバル規模でシボレーのマーケティング戦略の見直しを進めています。社名文書は、そのプロセスにおけるひとつのステップです」と述べた。

ユーザーだけなく、自動車メーカーの社員も自社製品に親しみを持つことは、素晴らしいこと。あまりに細かいことを規制すると、社員の士気も下がりそうな気がするが。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集