【カーナビタイム登場】ルートはサーバー側で設定

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
  • カーナビタイム WND-01K
7月下旬からの発売を予定している『カーナビタイム WND-01K』について、ナビタイムジャパンは「WND(Wireless Navigation Device)」と呼んでいる。PNDと同じように見えるが、最大の違いは「通信モジュールを内蔵している」ということだ。

通信モジュールの提供はKDDI(au)で、通信方式には「CDMA2000 1x EV-DO」を採用している。

WND-01Kは携帯電話向けに同社が提供している「ナビタイム」や「EZナビウォーク」と同様、基本的にはサーバー側でルートの設定を行うようになっている。目的地までの渋滞情報(オンデマンドVICS)を加味したルートをサーバー側で組み立て、その結果を通信を利用してナビ側へ返す仕組みだ。

端末内には8GB容量のSSDが搭載されており、地図データと最低限のデータベースは有している。通信圏外であっても目的地の検索やルート設定が行えるようになっているが、この場合は表示している地図か、もしくは入力した住所から目的地を指定することとなり、ルートは目的地までの最短距離で設定される。言うなれば「普通のPNDと化す」わけだ。

通信が使えない場合、ルート設定時点ではオンデマンドVICSの情報は反映されていないが、電波状況が回復した時点でサーバー側にアクセス。渋滞情報を加味した状態でリルートされる。前方で渋滞が発生していれば、ルートが大きく変わることもありうる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 【カーナビタイム登場】本体価格は4万3800円、通信料は2年縛りで525円の定額 画像 【カーナビタイム登場】本体価格は4万3800円、通信料は2年縛りで525円の定額
  • ナビタイム、通信カーナビを開発---専用アプリで09年春提供開始 画像 ナビタイム、通信カーナビを開発---専用アプリで09年春提供開始
  • ナビタイム、ワイヤレス・ナビゲーション・デバイスを発売 画像 ナビタイム、ワイヤレス・ナビゲーション・デバイスを発売
  • 【CEATEC08】ナビタイム、通信対応PNDを参考展示 画像 【CEATEC08】ナビタイム、通信対応PNDを参考展示

特集

おすすめのニュース