STマイクロ、次世代車載用マイクロコントローラ技術を発表

自動車 ビジネス 企業動向
STマイクロエレクトロニクスは、次世代車載用マイクロコントローラ55nm内蔵Flash(eFlash)プロセス技術を発表した。

55nm eFlash技術は、同社の90nm eFlash車載用マイコン・ファミリの後継となる技術。車載用半導体市場では、現行の90nmプロセス技術を採用した製品の性能以上のテクノロジーが求められている。次世代車載システムでは、機能安全性、排ガス規制の強化、高度運転支援システムソリューションなどの車載アプリケーション市場の要求に対応するため、高い計算能力、電力効率、大きなメモリ容量を備えたマイコンのニーズが高まっている。

eFlash技術は、大幅な性能向上とより大きな価値を顧客に提供して、これらのニーズに対応する。また、同社が今後発表を予定しているパワー・アーキテクチャーをベースとした車載用32bitマイコンのベースになる。

eFlash技術はクロル工場で開発し、製造も同工場で行われる予定。開発と製造を同じ工場で行うことで、長期的な供給体制に加え、高いプロセス安定性と高水準な品質を実現するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース