プジョーから小型ピックアップ、ホガール 誕生

自動車 ニューモデル 新型車
ホッガー
  • ホッガー
  • ホッガー
  • ホッガー
プジョーは3月10日、新型車『ホガール』(HOGGAR)を発表した。プジョーが初めて、ブラジル市場専用に開発した小型ピックアップトラックだ。

ホガールとは、2003年にプジョーが披露したビーチバギーコンセプトに由来するネーミング。市販モデルのホガールは、力強く、若々しさを強調したルックスが特徴だ。荷台は容量1151リットル、最大積載量742kgとクラス最大級をアピールする。

ホッガーの見た目は、『207』ファミリーの一員に見えるが、実はひと世代前の『206』がベース。エンジンは直列4気筒のフレックスフューエル仕様で、排気量は1.4リットルと1.6リットルの2種類。装備の違いによって、3グレードが用意される。

新型ホガールは、プジョーのリオデジャネイロ工場で生産。5月15日、ブラジル全土で販売を開始する。ライバルは、フィアット『ストラーダ』やシボレー『モンタナ』だ。プジョーは「今年、ブラジルの小型ピックアップトラック市場で、10%のシェアを取る」と鼻息も荒い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース