昭和シェル、EV用充電器7台を3地域に設置…カーシェアリングも

自動車 ビジネス 企業動向
昭和シェル石油は26日、経済産業省・資源エネルギー庁が推進する「2009年度電気自動車(EV)普及環境整備実証事業」を受託した一環として、ガソリンスタンドなどの既存の社会インフラを活用した充電サービスのあり方を更に検証を行うために、2010年7月末までに、神奈川県、東京都、新潟県に全7台の急速充電器、または倍速充電器を設置すると発表した。

充電サービスを提供することで、EVユーザーのニーズを調査・検証するほか、充電サービスでの最適な認証・課金形態を検討する。

期日までの実証事業期間中の利用料は無料。また、湘南藤沢サービスステーションでは「SSを拠点としたEVによるカーシェアリングサービス」も展開、カーシェアリングビジネスの可能性について検証するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • オリックス自動車、電動アシスト自転車のレンタル事業を開始 画像 オリックス自動車、電動アシスト自転車のレンタル事業を開始
  • オリックス、カーシェアに EVステラ を導入 画像 オリックス、カーシェアに EVステラ を導入
  • パリのEVシェアリング、参加候補企業を公表 画像 パリのEVシェアリング、参加候補企業を公表
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース