シボレー コルベット ZR1、歴代最強モデルを日本導入

自動車 ニューモデル 新型車

コルベット ZR-1
  • コルベット ZR-1
  • コルベット ZR-1
ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMジャパン)は25日、シボレー『コルベットZR1』の2010年モデルの導入を正式に発表した。

今回導入されるモデルは、スーパーチャージャー付6.2リットルV8エンジンを搭載した6MT、左ハンドルモデルで、8月に販売開始する予定。

コルベットZR1は、最高出力647PS、最大トルク819Nmと歴代のコルベットの中でも、最強のパフォーマンスのアメリカン・スーパーカー。0-60mph(96km/h)加速が3.4秒、ニュルブリクリンクのラップタイムは7分26秒4だ。加速、ブレーキング、最高速度など、すべての領域で過去のコルベットのパフォーマンスモデルを上回るとしている。

透明ポリカーボネートのウィンドウが付いたカーボン製エンジンフードを採用したほか、ルーフ、ロッカーモールディング、フロントスプリッターはカーボン素材を露出し、レーシーな雰囲気を演出する。ルーフは「Z06」と同様に固定式だ。その他、20本スポークの前19インチ後20インチアルミホイールなど、専用装備を多数設定する。

米国デビューは2009年で、2010年モデルから日本にも導入されることが決定した。
 
価格は1490万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集