【ジュネーブモーターショー10】フォード モンデオ、新エンジンは「エコブースト」

自動車 ニューモデル モーターショー
フォード モンデオ
  • フォード モンデオ
  • フォード モンデオ
  • フォード モンデオ
フォードモーターは18日、欧州向け『モンデオ』に新エンジンを搭載した。実車は3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで公開される。

初代モンデオは、1993年にデビュー。欧州Dセグメントに属するセダン&ステーションワゴンだ。日本にも1994年に導入され、200万円を切る価格設定が話題となった。4代目に当たる現行型は、2007年に登場。フォードの最新デザイン言語、キネティックを導入した個性的なフォルムが特徴だ。

新エンジンは、ガソリンとディーゼル。ガソリンは、パワーとエコを両立する最新エンジン、「エコブースト」を新搭載する。直噴2.0リットル直列4気筒ターボ「SCTi」は、203psとパワフルだ。

ディーゼルは、「デュラトルク」ターボを改良。最大出力は115ps、140ps、163psの3種類が用意され、163ps仕様は、欧州複合モード燃費18.83km/リットルを実現する。

トランスミッションは、6速ツインクラッチの「パワーシフト」をガソリン・エコブーストに標準装備。ディーゼルは140psと163ps仕様にオプション設定した。163ps仕様のパワーシフト車は、欧州複合モード燃費17.84km/リットルとなる。

今回の改良により、全車がユーロ5の排出基準に適合した。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ Cクラス 一部改良…直噴ターボの新エンジン搭載 画像 メルセデスベンツ Cクラス 一部改良…直噴ターボの新エンジン搭載
  • 【三菱 RVR 新型発表】3つのニーズに注目して開発 画像 【三菱 RVR 新型発表】3つのニーズに注目して開発
  • 山内マツダ社長「HV、EV開発はフォードとともに」 画像 山内マツダ社長「HV、EV開発はフォードとともに」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース