2009年自動車生産、1000万台割れは8年ぶり…トヨタ乗用車分が減少

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車工業会が発表した2009年の国内生産台数は793万4516台で、前年比31.5%となり、8年ぶりに1000万台を割り込んだ。2年連続のマイナスで1970年代のレベルにまで落ち込んだ。

前年と比べて364万台減少しており、2008年のトヨタ自動車の乗用車生産分が丸々無くなったことになる。

このうち、乗用車は686万2161台、同30.9%減少となり、2年連続マイナスとなった。トラックは98万5100台で、同34.7%の減少となり、6年連続マイナスとなった。バスは8万7255台で同37.3%の減少となり、5年ぶりマイナスとなった。

2009年の国内需要は460万9255台、同9.3%減少と落ち込んだほか、輸出が同46.2%減とほぼ半減したため、国内生産は大幅マイナスとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ新車販売、グループ総生産台数723万台…09年実績 画像 トヨタ新車販売、グループ総生産台数723万台…09年実績
  • 日産、英国生産台数が12年連続ナンバーワン…09年実績 画像 日産、英国生産台数が12年連続ナンバーワン…09年実績
  • ホンダの世界生産が13年ぶりにマイナス…09年実績 画像 ホンダの世界生産が13年ぶりにマイナス…09年実績
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース