市光工業、台湾の持分法適用会社を解散

自動車 ビジネス 企業動向
市光工業は22日、台湾にある自動車部品を製造する持分法適用会社である健光實業を解散すると発表した。

健光實業は、市光工業が50%出資する持分法適用会社で、ミラーを中心とした自動車部品を台湾所在の自動車メーカーに供給してきた。今回、市光工業グループとして海外業務の効率化を図るため、健光實業を解散し清算手続を開始する。

2010年11月中旬までに清算を終える予定。市光工業の業績への影響は現在精査中。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 老舗車体メーカーの西日本車体が解散…日産ディーゼルからの発注中止で 画像 老舗車体メーカーの西日本車体が解散…日産ディーゼルからの発注中止で
  • エルピーダ、台湾企業にDRAMを生産委託 合意 画像 エルピーダ、台湾企業にDRAMを生産委託 合意
  • 【東京モーターショー09】台湾KYMCOは元気!…9台を参考出品 画像 【東京モーターショー09】台湾KYMCOは元気!…9台を参考出品
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース