ブリヂストン、障がい者雇用を推進---DVD制作

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストンは、国内グループ会社の障がい者雇用を推進するため、障がい者雇用の取り組み事例を紹介するDVDを制作した。DVDは国内グループ会社へ配布し、各社での障がい者雇用の取り組みの積極的な推進や実践のヒントとして活用、障がい者雇用を促進する。

同社グループは、CSR(企業の社会的責任)の一環として「多様性の尊重」を掲げている。今回制作したDVDでは、その一つである障がい者雇用の取り組みについて、これまで同社グループ内で積極的に推進し、社外からも高い評価を受けているブリヂストンケミテックの事例を取り上げている。

DVDのタイトルは、「一人ひとりが主人公 ブリヂストンケミテックの現場から」。舞台となるブリヂストンケミテックの前身のブリヂストン化成品製造は、2002年に厚生労働省から「障害者雇用優良事業所・厚生労働大臣賞」を受賞している。

DVDでは「どうしたら障がい者と共に働く職場をつくることができるか」をテーマに、ブリヂストンケミテックでの取り組みの苦労、生の声、成果、障がい者と健常者が一緒に働く生の姿を映像にしたもの。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ紡織、障がい者とシーカヤック体験プログラムを実施 画像 トヨタ紡織、障がい者とシーカヤック体験プログラムを実施
  • 福祉車両販売、09年度上半期は2年ぶりにマイナス…補助金対象外だったことも影響 画像 福祉車両販売、09年度上半期は2年ぶりにマイナス…補助金対象外だったことも影響

特集