【CES 10】パイオニアは“4ステージ”で復活にかける

自動車 ビジネス 企業動向
パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
  • パイオニア
北米のカーAVマーケットではケンウッドと並ぶシェアを持つパイオニアだが、GARMINベースのナビゲーションをAVNに導入したケンウッドの攻勢に押され、苦戦を強いられている。そこでパイオニアは、今回のCESで、2010年のキーコンセプトとして“CHANGE”を掲げ、商品戦略を練り直した。

具体的には、ターゲットするユーザー像のカーAVライフスタイルを4つのカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーに最適な商品をラインナップさせるという方法だ。

ステージ1は、純正オーディオの交換需要で、価格を最重要視しながらもパフォーマンスについても一定レベルの水準を要求する層。ステージ2は、従来のオーディオをより“アップグレード”させたいと考える層で、高度な技術と高い性能を要求する。

ステージ3は、いわゆる“エンスージアスト”と呼ばれる層で、単に技術や性能にすぐれるだけではなく、時代を先取りするような機能を取り込んだ製品を求める。

そしてステージ4は、車両と統合されたデザインや性能を重視するいわゆる“ピュアオーディオ志向”で、アートとしての音楽を重んじる。いわば、日本で展開したピュアカーオーディの最高峰『カロッツェリアx』の延長線上にある商品ラインナップコンセプトといえるだろう。

北米パイオニアのウェブサイトでは、商品ページに訪れた閲覧者に、これら4つのステージに見合った商品をレコメンドし、製品選びをサポートする。

パイオニアブースでは、これら4つのステージごとのデモカーを用意。ステージ1-3はサイオン『xB』で、ステージ4ではレクサス『IS-F』のカスタマイズモデルを展示して、それぞれ外装のカスタマイズを含めたオーナーのライフスタイルに合わせた商品選びのモデルケースを提示している。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース