【ホンダ アクティトラック 新型発表】バリエーション

自動車 ニューモデル 新型車
アクティ・トラック新型、SDX
  • アクティ・トラック新型、SDX
  • アクティ・トラック新型、ATTACK
  • アクティ・トラック新型、TOWN
  • アクティ・トラック新型、STD
  • アクティ・トラック新型、ATTACK
  • アクティ・トラック新型、TOWN
ホンダは『アクティ・トラック』をフルモデルチェンジした。「スタンダード」、「スーパーデラックス」、「アタック」「タウン」の4タイプが設定されている。

本田技術研究所、四輪R&Dセンター、開発責任者の藤永政夫さんは、各バリエーションについて次のように説明する。

「ベーシックな『STD』=スタンダード、内外装備を充実させた『SDX』=スーパーデラックス、農家専用ということで人が歩くようなスピードでもコントロールが出来る、ウルトラロー、ウルトラリバース・シフト、およびぬかるみからの脱出などに有効なリアデフロックをつけた『ATTACK』=アタック、街中での商売をする方たちのためのグレードとして、フロントにはメッキのガーニッシュ、ドアミラーやアウタードアハンドルをボディ同色やフルトリムカバー、室内ではパワーウインドウ、パワードアロック、CDチューナーなどを装備した『TOWN』=タウンという4つのバリエーションを用意しました」

また、カラーはタフタホワイトとベイブルーの2色。タフタホワイトは全タイプに、ベイブルーはSDXとATTACKに設定されている。

「特捜車はダンプシリーズ、リフターンシリーズ、フレッシュデリバリーシリーズの3シリーズ、トータル13バリエーションを用意しました」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 最近の軽トラ事情…B級グルメでブランド化 画像 最近の軽トラ事情…B級グルメでブランド化
  • 最近の軽トラ事情…スバルと赤帽の関係はどうなる!? 画像 最近の軽トラ事情…スバルと赤帽の関係はどうなる!?

特集