富士火災9月中間期決算…黒字転換 人件費削減などで

自動車 ビジネス 企業動向
富士火災海上保険が発表した09年9月中間期の連結決算は、売上高に当たる経常収益が前年同期比5.6%減の1845億1800万円と減収となった。

主要事業の損害保険事業で正味収入保険料は同6.4%減の1367億0500万円となったが、正味支払保険金は前年同期よりも17億円減少した。また、経費削減を徹底、従業員賞与などの人件費と物件費を削減、経常費用を削減した。この結果、経常利益は56億0400万円となり、黒字転換した。前年同期は76億9600万円の赤字だった。

中間期純利益も前年同期の46億9500万円の赤字から、今期は34億3100万円の黒字に転換した。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース