【ホンダ ステップワゴン 新型発表】広さにこだわったデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン・スパーダ新型
  • ステップワゴン・スパーダ新型
  • ステップワゴン・スパーダ新型
  • ステップワゴン新型開発スケッチ
  • ステップワゴン新型開発スケッチ
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
4代目ホンダ『ステップワゴン』のエクステリアデザインは、室内空間を確保するためと、外から見て室内が広く見えるようにデザインされている。

「室内空間を確保するために、ルーフ部をかなり広げて箱型セクション(横断面)にすることを心がけました」と話すのは今回の開発責任者である本田技術研究所主任研究員、小西真さん。「サイドビューもフロントピラーを立てて容積を稼いでいます」という。

では、室内空間を広く見せるための工夫とはどういうものか。「ガラスエリアをリアピラーまで完全につなげて外から見ても視界の良さがわかる表現にしています。ただしこれだけだと、動きや豊かさといったものが失われてしまうので、サイドなどは、単なる箱断面ではなく面に張りを持たせるとか、フォルム自体に動きを持たせるなどをしています」。

また、広さの具現化として乗降性に注目したという。「あらゆる世代の人が乗り降りしやすいということを具現化するために、低床低重心という技術で、先代と同様ツーステップは取らずにワンステップとしています」。そして「スライドドアの開放部を広げることにより、乗降性を良くしています。他にフロントシートとセカンドシートの間を広げることによって、足元空間を広げ、かつ乗降性も良くなっています」。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集