世界最速の水陸両用車…コルベット のエンジンで登場

自動車 ニューモデル 新型車
米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
  • 米国 ウォーターカー社
米国のウォーターカー社は、新型水陸両用車『PYTHON』(パイソン)を発表した。GMのスポーツカー、シボレー『コルベット』の6.2リットルV8(640ps)を搭載。最高速は水上で97km/h、陸上で160km/hと、「世界最速の水陸両用車」を謳う。

ウォーターカー社の代表、デーブ・マーチ氏は1976年から、カリフォルニア州で車の修理やレストア、ボートのメンテナンスを手がけてきた。1990年代の半ば、ここでのノウハウを生かしてウォーターカー社を設立。水陸両用車ビジネスに参入した。

同社の最新作、パイソンは世界最速の水陸両用車をコンセプトに開発。そのハイライトはエンジンで、最強バージョンにはシボレーコルベット「ZR-1」用の6.2リットルV8スーパーチャージャーを搭載する。

コルベットZR-1は、2008年1月のデトロイトモーターショーで初公開。「LS9」型6.2リットルV8にイートン製スーパーチャージャーを組み合わせ、最大出力640ps、最大トルク83.5kgmというモンスターぶりを発揮する。

トランスミッションは6速MT、駆動方式はFRで、目立ったハイテクは装備していないが、0-100km/h加速3.6秒、最高速330km/hの実力は世界トップクラス。ドイツ・ニュルブルクリンクのラップタイムは、日産『GT-R』を上回る7分26秒04をマークしている。

そんなパワフルなエンジンを積むパイソン、遅いはずがない。ボディはアルミ複合素材製で、重量1725kgに抑えられた効果もあり、最高速は水上で97km/h、陸上で160km/hを達成。0-96km/h加速は4.5秒だ。ウォーターカー社は「世界最速の水陸両用車」と豪語する。

水陸の切り替えは、ギアをニュートラルにして、ボタン操作によりタイヤを格納。ボディは4シーターのオープンタイプで、内外装には豊富なカスタムプログラムが用意される。テールランプがコルベットに似ているのは、ご愛嬌といったところだ。

パイソンのベース価格は、20万ドル(約1800万円)から。金融危機後のこのタイミングでの発売だけに、かなりの勝算を見込んでのことだろう。それにしても米国新興企業の自由な発想と、したたかなビジネス戦略には、舌を巻くばかりだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 海を走るSUV、パンゲア号が来航 画像 海を走るSUV、パンゲア号が来航
  • 究極の水陸両用バス…マルタ共和国から発進 画像 究極の水陸両用バス…マルタ共和国から発進
  • ネイチャースポーツの不振と子供の理科離れ 画像 ネイチャースポーツの不振と子供の理科離れ

特集