豊田トヨタ社長、味の分かる「オーナーシェフ」になりたい

自動車 ビジネス 企業動向
LF-A レース仕様
  • LF-A レース仕様
  • LF-A レース仕様
  • LF-A レース仕様
  • 豊田章男社長(資料画像)
  • 豊田章男社長(資料画像)
  • 豊田章男社長(資料画像)
  • 豊田章男社長(資料画像)
トヨタ自動車の豊田章男社長は2日、東京の日本記者クラブでの講演で、社長就任時に従業員に「もっといいクルマをつくろうよ」と呼びかけたことを紹介、自身はそのために「できればオーナーシェフのような存在になりたい」と語った。

レストランのリーダーであると同時に、味覚にも長けたシェフという例えだ。豊田社長は「道によってクルマの味は変わる」という持論を展開、同じ『カローラ』でも「(使用される国の道によって)味付けを変えなければならない」と述べた。

また、自らは他社のクルマを含め年間200数十台に試乗、レース活動なども通じ「クルマの違いが分かる『舌』をもつようトレーニングしている」と語った。

さらに自動車メーカーの経営トップとして「味にモノがいえるようになること」を目指したいとし、「味を追求することで改善も続けられる」と指摘した。豊田社長のレース活動には「自粛」を求める声も社内にあるが、自らがハンドルを握る意義に理解を求めたかたちだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ新社長就任会見…豊田社長「私がレースに出場した理由」 画像 トヨタ新社長就任会見…豊田社長「私がレースに出場した理由」
  • 【新聞ウォッチ】豊田章男チーム無事完走、118台中87位 画像 【新聞ウォッチ】豊田章男チーム無事完走、118台中87位
  • トヨタ iQ GAZOOレーシング…100台限定で販売 画像 トヨタ iQ GAZOOレーシング…100台限定で販売
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」 画像 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」

特集