米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
  • 米レクサスの最量販車、ES がマイナーチェンジ
米国トヨタ販売は18日、レクサス『ES』の2010年モデルを発表した。フロントを中心に外観のイメージチェンジを図るとともに、安全面を中心に装備を充実させている。

レクサスESは、トヨタ『ウィンダム』のレクサス版で、『カムリ』のプラットフォームをベースに開発したFF車だ。日本では2006年をもってウィンダムは廃止されたが、北米向けには2006年4月、5代目レクサスESが登場。現在は北米専用車種で、生産はトヨタ自動車九州が担当している。

5代目ESとして初のマイナーチェンジは、フロントマスクを中心に改良。グリル、バンパー、ヘッドランプを変更して、『HS250h』にも通じる最新レクサスの表情を手に入れた。リアはテールランプとバンパーをリニューアル。サイドビューでは、クロームモールとウィンカー内蔵ドアミラー、アルミホイールが新しい。

安全面では、リアシート内蔵エアバッグをはじめ、10個のエアバッグを標準装備。ナビゲーション未装備車には「レクサスセーフティコネクト」、ナビゲーション装備車には「レクサスエンフォーム」付きのセーフティコネクトを1年間無料付帯し、24時間365日対応の緊急サポートシステムを構築した。またVSC(ビークルスタビリティコントロール)にはカットオフスイッチを新設し、ぬかるみや雪道でのスタック時の脱出を容易にする。

室内はステアリングホイールやセンターコンソールのデザインを変更。コンソールは容量アップにより、使い勝手を高めた。メーター内にはエコドライブインジケーターを追加し、シート、ドアミラー、ステアリングホイールの位置を記憶する「レクサスメモリーシステム」や、雨滴感知ワイパーを標準化。オーディオは『iPod』対応となり、ブルートゥース採用により携帯電話のハンズフリー通話をサポートする。

ウッドパネルとシートなどのレザーも見直され、ウッドパネルはダークブラウンバーズアイメープルが新登場。レザーはバーチメントからカシミールに変更した。オプションの「ウルトララグジュアリーパッケージ」には、セミアニリンレザーが使用される。

エンジンに関しては不変で、3.5リットルV6(272ps、35.1kgm)に、マニュアルモード付き6速ATの組み合わせだ。

レクサスESの今年1 - 8月の累計販売台数は3万0385台で、前年同期比は34.2%減。しかし、依然として米国におけるレクサスブランドの最量販車である点に変わりはない。米国トヨタはマイナーチェンジを機に、さらなる拡販を図る構えだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集