【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代

自動車 ニューモデル 新型車

【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
  • 【ベントレー スーパースポーツ 発表】1920年代のルマン連勝時代
ベントレーモーターズジャパンは17日、『コンチネンタル・スーパースポーツ』を日本市場で発表した。ベントレー史上、最速・最強モデル。価格は3150万円。

コンチネンタル・スーパースポーツは『コンチネンタルGTスピード』より、最高出力は20PSアップの630PS(6000 rpm)、最大トルクは50Nmアップの800 Nm(1700 _ 5600 rpm)を発生させる同社最強のW12エンジンを積み、さらに110kgの軽量化を施した。内も外もさらにマッチョになって、0-100km/hはわずか3.9秒、最高速度329km/hという新しいベンチマークを打ち立てた。

“スーパースポーツ”という名は、1920年代、ベントレーがルマン24時間レースに参戦し輝かしい戦績を残したころのクルマの名が由来だ。

ベントレーモーターズジャパン代表のティム・マッキンレイ氏は、「コンチネンタル・スーパースポーツという名は、1925年に製造された“3リットル・スーパースポーツ”を由来とする。当時、ルマンでの優勝経験によって得たテクノロジーをふんだんに盛り込んで、ベントレー史上初の100マイル/hを達成したクルマだ」と話す。

マッキンレイ氏は、ルマン連勝時代の名を継承したコンチネンタル・スーパースポーツの登場で、ベントレーのクーペシリーズのラインナップが完成したとも言う。

「2003年の『GT』、2007年の『GTスピード』、そしてこのスーパースポーツでひとつのラインナップが完成した。この3つは、ベントレーらしいパフォーマンス、スタイリング、躍動感をそれぞれ独自に提供している。この現在のモデルラインナップの構成は、1920年代のそれと似通っている。当初も3モデルで構成されていた。1921年登場の70馬力の3リットルをベースにしたモデルで、ルマン24時間レースに参戦。1924年と27年に優勝することによって、栄光と名声を得るモデルへと成長した」
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集