メルセデスベンツ GL550 4MATICを一部改良…車内装備を充実

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツのSUV『GL550 4MATIC』を一部装備し、9月16日から販売を開始した。商品性を向上して販売をてこ入れする。

今回の一部改良では、空気抵抗を低減した新形状のドアミラーを採用し、燃費経済性の向上を図った。ミラーは大型化しドライバーの視認性も向上。走行時のブレーキ操作で車両が緊急性のあるブレーキと認識した際、ブレーキライトが自動点滅し後続車両に緊急性を迅速に知らせるシステム「アダプティブブレーキライト」を標準装備した。

また、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビチューナー、HDDを利用したミュージックレジスターやSDカードスロットを装備することで、車内エンタテイメントの充実を図った。

他にも、キーを携帯しているだけで、リモコン操作をすることなくドアの開錠/施錠ができ、エンジンの始動もボタンを押すだけで可能なキーレスゴーを標準装備した。

このほか、ステアリングの形状を変更し、パドルシフトを装備した。

価格は1349万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集