【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】フェラーリ 458イタリア …実車に接近!!
フェラーリは15日、新型『458イタリア』を初公開した。実車が公の場で披露されるのは今回が初めてとあって、注目度は高かった。

458イタリアは、『F430』の後継に当たるフェラーリ伝統のV8ベルリネッタ。新開発のV8は4499ccの排気量から、最大出力570ps/9000rpm、最大トルク55.1kgm/6000rpmを発生する。F430の4.3リットルV8(490ps/8500rpm、47.4kgm/5250rpm)と比較すると、80ps、7.7kgmの出力向上だ。

1リットル当たりの最大出力は127psと世界トップクラス。それでいて、最大トルクの80%を3250rpmの常用域で発生するフレキシブル性も併せ持つ。直噴化によって環境性能も引き上げられ、欧州複合モード燃費は7.5km/リットル、CO2排出量は307g/kmとセグメント最高レベルを達成した。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチ2ペダルMTの「F1マチック」。アルミ素材の積極採用などにより、車重はF430よりも70kg軽い1380kgに抑えられた。この結果、0-100km/h加速3.4秒、最高速325km/hという世界最高峰のパフォーマンスを実現。F430の4秒、315km/hに対して、確実な進化を遂げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集