ルネサス、パワートレイン制御向け大容量高速マイコンを開発

自動車 ニューモデル 新型車

ルネサス、パワートレイン制御向け大容量高速マイコンを開発
  • ルネサス、パワートレイン制御向け大容量高速マイコンを開発
ルネサステクノロジは10日、自動車のエンジンやトランスミッションなどのパワートレイン制御向けに、業界最大容量3.75Mバイトの高速フラッシュメモリを内蔵し、200MHzの高速動作を実現したパワートレイン制御用マイコン「SuperH」ファミリ「SH72546R」を製品化したと発表。10月からサンプル出荷する。
 
新製品は、環境に配慮した排出ガス低減や燃費向上のため、よりきめ細かで俊敏な対応が要求されるパワートレインの制御向けに、90nmプロセス採用により大容量フラッシュメモリを内蔵した高性能制御マイコンの第3弾製品。

第1弾の「SH72544R」での200MHzの高速動作を維持しつつ、1.5倍となる3.75Mバイトの大容量フラッシュメモリを内蔵しており、大規模化するプログラムを格納可能。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集