ホンダ VFR、来春 国内販売へ…世界初の二輪デュアルクラッチミッション搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ VFR、来春 国内販売へ…世界初の二輪デュアルクラッチミッション搭載
  • ホンダ VFR、来春 国内販売へ…世界初の二輪デュアルクラッチミッション搭載
  • ホンダ VFR、来春 国内販売へ…世界初の二輪デュアルクラッチミッション搭載
  • ホンダ VFR、来春 国内販売へ…世界初の二輪デュアルクラッチミッション搭載
ホンダ4ストロークV型4気筒水冷エンジン搭載のフラッグシップである『VFR』の新型が、09年秋にも発表。10年はじめには欧州と北米で発売され、春には国内発売の予定だ。

8日、公開されたのは動力中枢部にある大型二輪車スポーツモデル用「デュアルクラッチ・トランスミッション」だ。二輪車用の有段式トランスミッションをフルオートマチック化した世界初の試み。これが、まずVFRから搭載される。

フルオートマチックの有段式トランスミッションは、無段変速機構と比較すると、断然、ダイレクト感が違う。

公開された「デュアルクラッチ・トランスミッション」は一般走行用「Dモード」とスポーツ走行用の「Sモード」の2種類のフルオートモードに加え、マニュアルトランスミッション感覚の「6速マニュアルモード」を備えているのだが、シフトチェンジするたびにきっちり乗り手に感覚を伝えていく様子が、スクリーンに映し出された。

しかも、マニュアルミッションの変速では必ず発生する、クラッチレバーを握る間のわずかな駆動の断絶が「デュアルクラッチ・トランスミッション」はない。そのためシフトチェンジで前後に揺さぶられる姿勢の変化がほとんどないのだ。

「後席パッセンジャーも含めて快適な移動ができる」(開発責任者・本田技術研究所二輪R&Dセンター鍋谷真氏)

「デュアルクラッチ・トランスミッション」はVFR専用に設計されたものでなく、VFR搭載後は、スポーツモデルに幅広く採用されることが決まっている。

「ブレーキとアクセル操作に集中できるためよりスポーティな走りを実感できる」(鍋谷氏)

“乗る喜び移動する喜びにつながる二輪車”を目指す会社らしい新機構だ。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集