【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル

自動車 ニューモデル 新型車

【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
  • 【アウディ A5カブリオレ 日本発表】写真蔵…ソフトトップならではのスタイル
アウディ『A5カブリオレ』はソフトトップタイプのオープン4シーター。優雅なエクステリアデザインと、軽量化、ラゲッジスペースの実用性を考慮し、あえてソフトトップを採用していることが特徴だ。

全長は4625mm、全幅は1855mmとロング&ワイドスタイル。一方全高は1385mmに抑えられ、クローズド時でもクーぺさながらのエレガントなスタイルを手に入れている。

ソフトトップは15秒でオープン、17秒でクローズ可能。50km/h以下であれば走行時にも操作できる。ソフトトップを採用したことでトランクルームはオープン時でも320リットルの容量を確保。ゴルフバッグなら2個収納する事が出来る。また後席を可倒式としたことで最大750リットルまで拡大することも可能とした。

搭載される直噴3.2リットルV6・FSIエンジンは265psを発生。2tに近い車重を持ちながら0-100km/h加速は6.9秒。重さを感じさせない軽やかな加速とハンドリングを実現している。10・15モード燃費は9.5km/リットルと、高い燃費性能も備えた。

また、オープンモデルならではの安全装備として、ポップアップ式ロールバーを装備。横転の可能性を察知し0.25秒でリアシート後方のロールオーバーバーが飛び出し、生存空間を確保する。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集